ブログ - ウェディング ブログ - ウェディング

着物でウェディング-その2

2018/06/06

こんにちは。

関東も梅雨のシーズンが到来です。

 

みなさまにおかれましては雨対策、ご準備出来ていらっしゃいますか。

 

4月10日付のブログの記事、「着物でウェディング」の中では、和装婚のすすめについて書かせて頂きました。

 

昨今では生活様式が、従来の和式から西洋式に変わってしまった今だからこそ、ジャパニース・クールカルチャーの代表でもある和服で、ウェディングを楽しむことをおすすめした内容でした。

 

結婚式のひな壇の新郎新婦

 

その記事の中では、自宅近くの浅草寺の周辺を通ることがあると、人力車に乗った紋付袴の新郎と、白無垢の新婦のカップルを目にする機会が多いことに触れました。

 

その時には、新郎は背格好がご立派な白人さんで、新婦が黒髪の日本人という組み合わせを目にすることが多いこと!!

 

そんな光景が目に入るとつい、

 

頑張れ日本の男性!

 

と自分の中で心の声が。。

 

そんな私ですが、先週、地元でフレッシュな日本人の花嫁・花婿さんを、お仕事で受け持つ機会に恵まれました。

 

婚礼の前撮りのお仕事でしたが、台東区鳥越にある写真スタジオ、「フォトジェニックス」さんからのご依頼により、和服衣装の着付けとヘアメイクを行いました。

 

まずは、墨田区にある両国国技館のすぐ真横に位置する、旧安田庭園で撮影を行うところから始めます。

 

 

後姿の白無垢でのブライダルショット

 

 

赤い傘をさして日本庭園の橋の上での着物のブライダルショット

 

 

26歳同士のフレッシュなカップルは、大変キュートなお姿でした

 

撮影の最後には定番の写真スポットで

 

雷門提灯の前で人力車にのった新郎新婦

 

そう、お約束のショットは浅草雷門前ですね!!

 

日本庭園にお寺が来て、さらに提灯に人力車と、和装がジャストフィットな環境てんこ盛りです!!!

 

ウェディングドレスがキュートなのはみなさんご承知のことですが、白無垢の花嫁さんもゴージャスでクールではありませんか?

 

ご自身の晴れの日の衣装としても、ぜひご検討頂ければと思います

 

また、今回お仕事を頂いた写真スタジオの「フォトジェニックス」さんは、都内有名ホテルや結婚式場で、婚礼を初めとして多方面に亘る撮影のお仕事をされています。

 

ホスピタリティあふれるカメラマンさん、スタッフさんが明るく楽しい撮影現場の雰囲気を作って下さり、撮影の当初から、クライアントさんの生き生きとした表情を引き出してくださいます。

 

また、仕上がった作品には勢いがあり、高いクオリティーが持ち味の写真スタジオさんです。

 

今回は個人さんからの婚礼の撮影のお申込みだったのですが、子供やペットなどを対象とした撮影プランまでご用意されており、ご興味をお持ちいただけましたら下記のサイトをご訪問頂ければと思います。

 

写真スタジオ「フォトジェニックス」さんのオフィシャルサイトはこちらから

 

それでは、今日も最後までお読み下さりありがとうございました。

 

 

ウェディングヘアメイクサービスのご案内はこちらからどうぞ

 

 

*おまけ画像「5月20日(日)本人参加の浅草三社祭です」

 

☆ 氏子宮出し

 

浅草神社境内の御神輿と大勢の担ぎ手

 

 

☆ 本社二之宮渡御・・・一番手前で頑張ってます(汗)

 

御神輿を担ぐ女性

 

 

☆ 本社二宮渡御・・・仕事帰りで飛び入り参加なので、半纏の下は普段着がバレてる(汗

 

半纏を着て御神輿を担ぐ人

 

←ブログ一覧に戻る

お問い合わせ