ブログ - ウェディング ブログ - ウェディング

ウェディング

2018/10/05

【ブライダルヘアメイクはおくりびと?】

こんにちは。

今度は台風25号。

そろそろ豪雨も勘弁な感じですね。

 

もうすでに、今年も10月に入って5日目です。

秋も深まってきましたが、月日が経つのは早いですね。

 

 

落ち葉が舞う秋の公園を歩く女性モデル

 

 

お彼岸は先月でしたが、みなさんはどんな日を迎えられましたでしょうか?

 

わたしは、お彼岸の最中の9月21日の未明に、主人の祖母を亡くすという、思い出深い今年のお彼岸となりました。

 

祖母は、長らく施設にお世話になっていたのですが、家族の意向で、旅立たれる前に一度、実家に戻ってくることが出来ました。

 

今日はその時のお話しを、ブライダルヘアメイク&着付け師の目線で、少しお話させて頂ければと思います。

 

 

ブライダルでチャーチを眺める新郎新婦

 

 

亡くなった当日の朝、祖母は実家の自分の部屋へ戻ってきました。

 

お昼頃のことです。

 

【納棺師=おくりびと】さんがやってこられ、これからお着物の着替えと、ヘアメイクを行いますとのこと。

 

ちょっと待って。

 

旅立ちの為のヘアメイクと衣装チェンジって、ブライダルでのわたしの仕事と一緒ではないか!

 

確かに、【結婚が墓場】などと、遠い昔は言われていたような記憶が。。

 

それでは、婚礼のヘアメイクは、結婚という墓場へ送り出す、【おくりびと】になってしまうのでしょうか。

 

 

アメリカのお墓

 

 

夫は家事~育児放棄。

 

減っていく、おこずかい。

 

文句の多い、身なりを構わなくなる妻。

 

会話のない日々。

 

う~ん、墓場か??

 

確かに、結婚して不幸になるパターンも、離婚率がこれだけ高い世の中ですから少なくないとは思います。

 

ある意味では結婚は、【究極のギャンブル】かもしれませんよね。

 

 

カジノのルーレット

 

 

但し、ルーレットなどと異なるのは、【勝ち】の確立を自分で上げることが出来ることでは?

 

料理上手や家計のやりくり上手など、華や潤いのある結婚生活を送るためには、いろいろな方法があると思います。

 

でも、わたしがみなさんにお手伝いが出来るのは、キレイでありつづけるヒントをお伝えすることでしょうか。

 

日常の、ほんの少しの気付きを、自分の姿や室内の風景に形として表すだけで、家族や自分が見ることが出来る景色が変わってくると思います。

 

結婚生活というのは、このことの毎日の積み重ねではないでしょうか。

 

改めて、ご自分の姿を見つめ直す機会を設けてみませんか?

 

 

自分を見つめ直すオーラのイメージ

 

 

レッスンでお待ちしていますね。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

良い連休の週末をお過ごしくださいね

 

 

ウェディングヘアメイクサービスの詳しい内容はこちらからどうぞ

 

 

←ウェディング関連のブログ一覧に戻る

お問い合わせ