ブログ - イメージコンサルタント ブログ - イメージコンサルタント

イメージコンサルタント

2019/03/03

2020年度の新卒採用で伊勢半さんが【顔採用】!

 

こんにちは。

 

雨の日曜日、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

けっこう話題になっていますね。

 

【顔採用】!

 

創業1825年と、江戸時代から続く老舗化粧品メーカーさん伊勢半さんが、

 

3月1日の2020年度新卒採用解禁日に、【顔採用】の導入をアナウンスしました。

 

 

伊勢半さん公式サイト>☆☆

 

 

これまで通りの通常採用もありますが、この、顔採用を通じて応募してきた学生さんは、商品企画部門または

 

デジタル・広報宣伝部への配属が予定されるとのことです。

 

 

 

ところでこの、顔採用。

 

特に、容姿を判断するのではなく、

 

【自分を自由に表現してもらうこと】

 

らしいです。

 

顔の印象を決めるのに重要なメイクを用いて、自由な自己表現をして、

 

本人らしさを見せてください、という、化粧品メーカーらしいアプローチですね

 

これには、就活生の半数以上が、就職活動時のメイクや服装に不自由さを抱いているという

 

調査結果から生まれた採用方法とのことですが、それだけかな~と、アナウンスされた3月1日

 

からずっと考えていました。

 

すると、なんとなく、これかな?

 

と思える考えが浮かんだので、少しお話させて頂きますね。

 

 

 

おそらく、インバウンドとアウトバウンドを販売戦略の視野にいれており、

 

つまり、日本人以外向けとしての商品の企画~販売に携わることが出来る、

 

柔軟な考えをもちながら、積極性を兼ね備える、表現力豊かな人材を求めている

 

のではないかと感じました。

 

 

 

いま、【Made in Japan】 の化粧品は、その品質の良さから海外でも非常に人気があります。

 

資生堂も37年ぶりに、最大950億円を投じて、国内工場を新設しているという、これまでの

 

海外への生産拠点を移す流れから、完全に逆行しています。

 

この流れをサポートするのはやはり、【人材】ということになりますので、この度の伊勢半さん

 

のアプローチに至ったのかと思ったのですね。

 

 

 

 

こうなると、今度は大変なのは就職活動をする学生たちです。

 

自由が認められたのは良いのですが、今度は、自分を表現する必要が出てきます。

 

 

どのような自分であるのか?

 

 

どんな表現方法が適切なのか??

 

 

いままでは、就活スーツを着て、就活メイクをしていれば、集団からは外れずに

 

【安全】が保障されていましたが、これからはそういきません。

 

それでは、化粧品メーカーの一員として、日本人以外に向けた商品の展開を

 

行っていくにはどのような人材である必要があるのでしょうか?

 

 

 

英語ができればOK?

 

or

 

メイクの技術を磨けばOK??

 

or

 

イメージコンサルタントのスキルで世界と対峙???

 

 

 

どれも必要不可欠なスキルですが、最後のスパイスとして、

 

【自分らしさ=日本人らしさ】

 

をどのように表現するかではないでしょうか?

 

 

 

交通や通信技術の発達により、世界はとても狭くなっています。

 

ですから、国際社会を渡り歩くには、イメージコンサルタントのスキルを

 

身に着ければ、国際ルールから外れることはないのでとても容易なことです。

 

ただ、特に海外の方は、

 

 

【あなたはだれ?】

 

【あなたの考えは?】

 

 

と、最後の部分、むしろ、最初の出だしでわたしたちに問いかけてきます。

 

 

伊勢半さんが就活する学生に問いかけているのも、まさに、

 

【メイク】

 

というものを通じて、自分のアイデンティティを表現してくださいと、

 

基本的でありながら、これまでなかなか語られなかった部分なのかなと思いました。

 

 

 

みなさんの自分らしさ。

 

意識されてますか?

 

 

 

スイマセン。

 

 

今日は、なんだか堅苦しい話をしてしまいました。

 

 

またこれから、ブライダルの写真など、ばんばんとアップさせて頂きますね

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

世界に負けない!!

 

イメージコンサルタントのレッスンは

 

【こちら】からどうぞ

 

 

←イメージコンサルタント関連のブログ一覧に戻る

お問い合わせ